【わかりやすい】今日は何の日?

365日の記念日をわかりやすく紹介します

【11月3日】今日は何の日?

f:id:glay1977:20181101062606p:image

11月3日の記念日と、記念日に関係するトピックスを紹介します。朝礼やその日のネタにでもなれば幸いです。

 

文化の日

1948年(昭和23年)に公布・制定された祝日法で国民の祝日に定められました。1946年(昭和21年)11月3日に平和と文化を重視した日本国憲法が公布されたことを記念して制定されました。文化の日が制定されるまでは、11月3日が明治天皇の誕生日であることから、明治期には「天長節」、昭和初期には「明治節」という祝日でした。11月3日には様々な行事があります。皇居では、科学技術や芸術などの文化の発展や向上にめざましい功績のある人に授与される文化勲章の親授式が行われます。日本武道館では、全日本剣道選手権大会が開催され、NHK総合テレビジョンで生放送されます。また、博物館や美術館では、入館料を無料にしたり、催し物を開催する所もたくさんあります。文化の日にちなんだ記念日もたくさんあります。ハンカチーフの日、文具の日、まんがの日、レコードの日、ビデオの日、調味料の日、アロマの日、などなど。

 

プチ情報

初めて知りましたが、「文化の日」を「明治の日」に改称しようという運動があるそうです。民間団体の「明治の日推進協議会」が主体となって活動していて、署名運動などを行ったり、政界にも働きかけているようで、超党派の議員連盟設立も計画されているそうです。「明治の日推進協議会」が主張していることは「本来の由緒に基づく明治の日とし、明治時代を振り返ることを通じて国民としてなすべきことを考える契機にした方が良いと」しています。本来の由緒とは何か。11月3日は明治天皇の誕生日であり、1873年(明治6年)に「天長節」として祝日に定められました。明治天皇が崩御(ほうぎょ)された後、この日を祝日にしようとの国民運動があり、1926年(昭和2年)に「明治節」が制定されました。その後、第二次世界大戦後の1948年(昭和23年)の祝日法により、「文化の日」に変更されることになります。つまり、11月3日を自由と平和を愛し、文化をすすめることを目的とする「文化の日」として定めるのではなく、明治天皇の誕生日として「明治の日」として定め、西洋列強の圧力を跳ね返すべく幕藩体制を打破し、近代国家の建設に取り組んできた明治時代を振り返ることが大事というところでしょうか。確かに11月3日が明治天皇の誕生日であるのならば「明治の日」としても良いように思いますね。あえて祝日法で「文化の日」と定めるのも合点がいかない気もします。昭和天皇の誕生日を「昭和の日」とするならば、明治天皇の誕生日である11月3日を「明治の日」とするのがシンプルなのかもわかりませんね。

 

いいお産の日

一般社団法人日本助産学会、公益社団法人日本助産師会、公益社団法人日本看護協会、公益社団法人全国助産師教育協議会が合同で制定されました。11月3日である理由は、「いい(11)お産(3)」の語呂合わせからです。記念日にした目的は、すべての子どもたちが幸せに生まれ、すべての女性が安全に安楽に満足したお産が迎えられることを祈ることと、お産について多くの人に関心を持ってもらうことのようです。

プチ情報

記念日が制定されるまでには歴史があるようです。1994年(平成6年)に「REBORN」(出産情報紙)の一周年記念イベントが企画され、出産事情に詳しい戸田律子さんが「11月3日を“いいお産の日”に制定しよう」と提案し、全国15の自主グループの協力の中、「REBORN」が1周年記念イベント「第1回いいお産の日」を開催したのが始まりだそうです。以後、このイベントは「REBORN」から「いいお産の日実行委員会」、「いいお産プロジェクト」が引き継がれ、現在も活動されているようです。