【わかりやすい】今日は何の日?

365日の記念日をわかりやすく紹介します

【12月14日】南極の日

f:id:glay1977:20181214083618p:image

12月14日は「南極の日」です。「南極の日」に関係するトピックスを紹介します。朝礼やその日のネタにでもなれば幸いです。

 

南極の日

1911年(明治44年)12月14日、ノルウェーの探検家であるロアール・アムンセンと4人の隊員が世界で初めて南極点に到達したことを記念して、この日を記念日としています。1910年(明治43年)に、イギリスの海軍軍人であるロバート・スコット、ノルウェーの探検家であるロアール・アムンセン、日本の陸軍軍人である白瀬矗(しらせのぶ)の三つの探検隊が南極点をめざし、アムセン隊は1911年(明治44年)12月14日に最初に南極点へ到達し、その33日後に、スコット隊が南極点に達しましたが、その帰路で全員が遭難死しました。白瀬隊は南極点到達をあきらめましたが、その時に到達した場所(南緯80度5分)を「大和雪原(やまとゆきはら)」と名づけました。

1月29日は「南極の日・昭和基地開設記念日」、4月6日は「北極の日」となっています。

 

南極について

南極の日にちなみ、南極のことについて何点かピックアップしてご紹介します。意外に知らないこともあるのではないでしょうか。

ほぼ氷の世界

南極は南極大陸と南極海からなります。南極大陸の上には氷床(ひょうしょう)と呼ばれる1,000~2,000メートル厚い氷で覆われていて、いちばん厚いところでは4,000mメートルもあります。富士山の高さが3,776メートルですので、富士山よりも高い氷があることになります。南極大陸の面積は約1,400万平方キロメートルあり、これは、日本の大きさの36倍、オーストラリア大陸のほぼ2倍に相当します。約98%は氷で覆われ、平均約2,500mの厚さの氷があります。

 

地球で1番寒い場所

南極は地球で一番寒いところです。南極にある昭和基地の夏の気温が平均でマイナス1度、冬の気温が平均でマイナス20度です。南極大陸で観測された最低気温は、2010年(平成22年)8月10日に記録したマイナス93.2°Cです。これは人間が数回呼吸しただけで、肺から出血して即死するほどの気温です。ちなみに、北極と南極ではどちらが寒いのかというと、答えは南極。北極の最低気温はマイナス71度ですが、南極の最低気温はマイナス89.2度です。南極の方が寒い理由は2つあります。1つ目は、標高の違いです。北極の氷の厚さは最大で10m程度ですが、南極の平均標高は約2,500mもあります。2つ目は、北極は海と氷のみしかありませんが、南極は大きな陸地があり、海は陸よりも冷たくなりにくい為です。

 

極夜と白夜がある

南極には一日中太陽が出てこない極夜(きょくや)と、一日中太陽が出ている白夜(びゃくや)と呼ばれる日があります。極夜や白夜の日数は緯度により異なり、高緯度になるにつれてその期間は長くなります。昭和基地では約45日間、南極点では約半年間の極夜と白夜が続きます。

 

湖、火山、温泉がある

南極の氷の下に湖があることがわかっており、中でもロシアのボストーク基地の下には、長さ240km、幅50kmのボストーク湖があります。琵琶湖の長さが約65km、幅約25kmですので、ボストーク湖は琵琶湖の20倍ほどの面積となります。また、南極大陸には活火山と温泉が存在します。デセプション島という火山島があり、火山の影響で地熱が高く、熱のため雪が解け、南極付近では珍しく地表がむき出しになっています。ペンギンの繁殖地としても知られています。この火山島には天然の温泉があります。そのままではかなりの高温ですが、海水と混ざった部分に寝転がって入浴することができ、南極クルーズツアーで、この島の温泉を訪れることが可能です。

 

まとめ

この通り、人類が南極大陸に上陸して、研究施設を作り、様々な調査を行ってきたことで、南極のあらゆる発見がなされましたが、一方で、広大な地であるがゆえに、まだまだ未開の地が多くあります。今後も驚くほどの発見があるかもわかりませんね。